電子タバコ『TaEco』で禁煙に挑戦

電子タバコ『TaEco』の体験談です。電子タバコは補助的に考えるのが良さそうですね。

数年前、タバコの値上がりがある時期に、電子タバコが流行したことがありましたね。そのさきがけのような商品として発売されていたのが『TaEco』という商品でした。私は社会人になってからタバコを吸い始めてしまいまいしたが、体にも悪いし美容にも悪いですし、良いことなどないのにお金ばかりかかるというのを嫌に思い始めていました。さらに値上げがあるのなら、いっそ思い切って禁煙しようと思い立ちました。

しかし、いきなり禁煙できる自信は正直ありませんでした。そんな時に量販店で見つけたのがこの『TaEco』でした。他にも電子タバコは売られていましたが、その中でもこの商品が一番本格的で、お店側もオススメ商品として売り出されていたので、この商品を購入しました。

TaEcoスターターキットで挑戦

私が購入したのは、確か限定のスターターキットだったと思います。内容は、電子タバコ本体と、USB式充電器、あとカートリッジ(味・風味)が2種類ついていました。

使用してみた感じは、本当のタバコにとても近い感じです。きちんとタバコの風味がしますし、その水蒸気を吸うと、タバコを吸っている気になります。おまけにタバコのように、吸った時に先が赤く点灯もするのです。

物珍しさもあり、吸っても無害なので、家にいるときはかなりの頻度で吸っていました。ただ思ったのは、電子タバコは、本物のタバコと違って燃え尽きないので、いつ吸うのをやめればいいかがよくわからないですね。無害なのでずっと吸っていても問題はないのでしょうけれど。

しかし私はこの電子タバコを職場で吸うのはなんだか抵抗がありました。タバコではないので喫煙室に入るのも変ですし。ですから職場ではまったく吸わないことに。

家に帰ったら電子タバコ。これで禁煙ができると思っていました。

しかし、電子タバコには、やはりタバコがやめれない理由のニコチンが入っていないのです。言ってしまえばニコチン依存症なのですから、電子タバコを吸っていても、段々イライラしてきてしまいました。特に、私はその時の彼氏が普通にタバコを吸っていたので、余計にタバコが吸いたくなる一方でした。

結局、禁煙には失敗。ストレスとイライラに負けてしまいました。電子タバコで禁煙をするには、それなりの覚悟と忍耐力が必要とされると思います。私には向いていなかっただけで、強い意志のある方にはオススメしたい商品でした。

現在も『TaEco』はネットなどで販売されていますが、私が買った頃よりもバリエーションや機能も充実していて、こんなにいろいろあるなら自分に合った味・風味なども見つけられそうですし、節煙からでも、少しまた挑戦してみたい気持ちでいます。

This entry was posted in 電子タバコ. Bookmark the permalink.