煙の出る電子タバコで禁煙失敗。ダメな私の体験談。

電子煙草を利用した禁煙の体験談です。確かに吸う行為自体は同じですからいつまで経っても煙草を忘れることが出来ないという事になるのかもしれませんね。

年々上昇し続けるタバコ価格。2010年に一気に倍近くまでタバコの大幅値上げが発表された時、これを機に禁煙しよう!と意気込み、禁煙対策として電子タバコを購入しました。

当時私は営業職という事もあってか、付き合いの場でもかなりの本数を吸う状況が続いており、酷い時期だと1日に2~3箱も消費しておりました。そうすると1箱400円以上に値上げが実施されてしまうと1日1箱消費するとして1ヶ月で約12000円。ヘビースモーカー状態だった当時の私は月に20000円近くもタバコ代に消えていく事に。

タバコは吸っている人はあまり気にしませんが臭いがとてもキツく、洗濯してもなかなか消える事はありません。
100害あって一利なしとはよく言ったもので、口臭は臭くなるし衣類に付着すると黄ばんできて、漂白剤や重曹を使って念入りに漬け置きしてもなかなか黄ばみは落ちてくれません。

この為、衣類が黄ばんでダメになってしまうスピードがとても速く、部屋でタバコを吸っていると壁まで黄ばんでくるし、カーテンもくすんでくるし、臭いは消えないし。いい事なんてひとつもない事は分かっていたんです。でも辞められなかった。

営業職時代の上司は口をそろえてみんなこう言ってました。「営業やるならタバコは吸えなきゃダメだ。タバコはコミュニケーションツールだからな」と。確かにこれには一利あって、タバコを吸う事で新たな人脈が芽生え、コミュニケーションが取りづらかった人達と何気なく会話が出来るようになった事も多々ありました。
しかし、タバコを吸わない周りの人達にはとても迷惑を掛けていたんだなと最近はよく思います。

というのも一時期禁煙に成功し、タバコを全く吸わない時期に周囲でタバコを吸っている人の近くに行った時のある強烈な嫌悪感。とにかく臭い。

禁煙に成功してからは体調も良くなり、年齢のせいと思い込んでいた体力も次第に戻っていき、休日にランニングをしても疲れにくい体になって驚いた事があります。
医者のコラムなんかを読んでいるとタバコはお腹にも悪影響を及ぼす様で、喫煙中は腸の働きが悪くなり、極端に臭いオナラが出るようになったり、下痢を起こしやすくなったりする様です。

煙の出る電子タバコ e-シガレットで挑戦

これらの体験や喫煙による様々な悪影響の情報を学び、電子タバコの力を借りて禁煙に挑戦する決意をした2010年10月。初めて買った電子タバコは「煙の出る電子タバコ e-シガレット」。形はタバコと全く同じ形状をしており、タバコを吸うように吸い込んで息を吐くと、水蒸気が出るという代物です。

まるでタバコを吸っているかのように疑似体験が出来て、ニコチンなどの有害物質を含んでおらず、肺に入れても水蒸気なので害がないというキャッチフレーズで当時は爆発的に話題になりました。この手の電子タバコを購入した方も多いのではないでしょうか。

初めてこの「e-シガレット」を使った時は、これならいける!と心が躍りました。それから電子タバコを利用した禁煙生活が始まるのですが1週間程度経過した頃でしょうか、電子タバコはやはりタバコではないので物足りなくなってきて、本物のタバコが吸いたいと思うようになり、いわゆる禁断症状が始まりました。

吸いたいという気持ちが強い時はランニングや水をガブ飲みしたりしてなんとかガマンしていたのですが、2ヶ月に差し掛かったある日、営業先の先輩にタバコを勧められ1本だけという軽い気持ちから吸ってしまい禁煙失敗。禁煙継続期間は約2ヶ月というとても短いものとなってしまいました。

それからはどうしても吸いたくなった時だけ少し吸えばいいやという軽い気持ちが仇となり普段は電子タバコ、たまに本物のタバコを吸うという様になり、これが次第に本物のタバコがメインとなっていき、気づいた頃には電子タバコの事などすっかり忘れてしまってました。

電子タバコの力を借りての禁煙計画はこうしてあえなく失敗に終わりました。

電子タバコの力を借りて3年間の禁煙に成功するも

その後、人生で2度目の禁煙に挑戦するのですが、その時はなんと3年間もの間、禁煙に成功しています。仕事内容が変わった事も大きな要因だと思います。ちなみにこの時期に実施した禁煙対策に電子タバコは使用しておらず、タバコ関連のものを全て廃棄して飴やガムで禁煙に成功しています。今ではストレスからまた喫煙者に戻ってしまっていますが。。

電子タバコは気楽に禁煙を始めるにはいい道具だとは思います。しかしやはりタバコを吸うという行為自体が同じで吸っているモノが異なるだけなので、どうしてもその行為を体が忘れる事が出来ず、次第により強い刺激を求めて本物のタバコを求めてしまう様な気がします。

現在でも電子タバコは存在しており、数年前からどれだけ進化したのかは分かりませんが街中で電子タバコを吸っている人を全然見かけない事からあまり活用している人はいないのかなと思ってしまいます。禁煙するなら強い意思で、周りの大切な人達の事を考えて。そして何より自分自身の健康の為を思って禁煙に望んでいくべきでしょうね。

This entry was posted in 電子タバコ. Bookmark the permalink.