電子タバコVAPEで禁煙に成功

健康診断や入院を機に禁煙を始める人は多いようです。それでもすぱっと辞められなかったので電子タバコを使って今のところ禁煙が続いているという体験談を紹介します。

私が禁煙を決断した理由は健康被害が出たからです。会社の健康診断で、ひっかかってしまってとてもショックでした。喫煙が近因なのか遠因なのか分かりませんが、病気になった理由の原因に直接かかわっていることには変わりないと思ったからです。
会社を休んで入院をして手術をしました。さすがにここまできたら、禁煙しないとまずいと思いました。

それでも禁煙は難しい

これでも吸ったら、また違う病気にかかるかもしれないとも思いましたし、病気と手術と入院を経験したことで、健康のありがたさを身に染みました。そういう意味では、入院と手術は非常に良い機会になりました。

私の身内には看護師がいるので、喫煙の健康被害の具合など、喫煙がどれだけやばいのかは、よく聞いていたというのも禁煙の後押しになりました。

ただ、喉元過ぎればという感じで、そんな辛い思いや経験とは別に、定期的に喫煙強い欲求は湧いてきます。
とくに私は、お酒も大好きなので、夜な夜な高い頻度で飲みに出かけています。お酒の席では、とても煙草が恋しくなってしまって困っています。私の交友範囲の人間も男女問わず喫煙者だらけですし、いつも毎日のように一緒にいる私の彼氏も喫煙者なので、つられてしまいそうになるので、禁煙グッズを利用しています。
毎日のように喫煙者が横にいると、完全に喉元過ぎればのような状態になりつつあるので、禁煙グッズの利用に踏み切りました。

電子タバコVAPEを使用

VAPE電子煙草です。リキッドを注入して充電して使う電子煙草です。今までいろいろな電子煙草を使ってきましたが、VAPEの電子煙草が煙の量も豊富で、味も煙草に近いですし、体にも煙草を吸っている感覚に近いものを感じます。

ただし、吸い慣れるまれにはちょっとしたコツも必要です。最初は慣れるまでむせたりすることもあります。
慣れれば、完全に煙草の代用品として活躍してくれます。VAPEは、禁煙グッズというよりは、新しいサブカルチャー的な商品として人気があります。それだけ煙も迫力があって、フレーバーも種類豊富で、嗜好品としての地位を確立しているグッズということです。

それと禁煙グッズではありませんが、禁煙維持に有効な方法として、喫煙者である彼氏と最近になってからは、会う頻度を減らしています。煙草を吸いたくなったら、喫煙OKの場所であればどこでも使えますし、今のところはVAPEで禁煙成功しています。

This entry was posted in 電子タバコ. Bookmark the permalink.